受難の主日A年 (マタ21,1-11;マタ27,11-54 )

「総督が、『二人のうち、どちらを釈放してほしいのか』と言うと、人々は、『バラバを』と言った。ピラトが、『では、メシアといわれているイエスの方は、どうしたらよいか』と言うと、皆は、『十字架につけろ』と言った。」マタ27,21

イエスは、出会ったすべての人々のために真の善を、彼らが最も必要としていた善を行ったことによって、彼らに対する自分の愛を示してくださいました。それにもかかわらず、彼らは不正な裁判を行って、イエスを辱め、死刑の宣告を下しました。こうして彼らは、神の望み通りに、イエスを敬い受け入れることによって命を選ぶ代わりに、 “受難の主日A年 (マタ21,1-11;マタ27,11-54 )” の続きを読む

Please follow and like us: