お知らせ 待降節第4主日 2018年12月23日

〇 主任司祭の冬休みのお知らせ

主任司祭ボクダン師が、1月7日(月)から、1月14日(月)まで、休みのために不在となります。ミサはアントニー師様が担当します。

〇 主のご降誕祭

夜半のミサ: 12月24日(月) 午後 7時30分 (日本語)

当日のミサ: 12月25日(火) 午前 10時 (日本語)

〇 新年ミサ(神の母聖マリア)

12月31日(月) 午後7時 (ポルトガル語)

・ ミサ後聖体礼拝(翌日午前9時45分まで、小聖堂にて)

 1月 1日(火) 午前 10時(日本語)

 

Please follow and like us:

待降節第4主日C年 (ルカ1,39-45)

「主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」ルカ1,45

待降節がまだ終わっていないのに、もうすでにいろいろなところでクリスマスの飾り付けがされていて、クリスマスの雰囲気を味わうことができます。おそらくクリスマスの飾り付けさえすれば、場合によって、クリスマスプレゼントを買い、クリスマス会やクリスマスのミサを予定に入れさえしたら、クリスマスの準備ができたと思う人がいるかもしれません。けれども、クリスマスの準備は本当にこれだけで十分なのでしょうか。主を迎えるために相応しい準備とは、どういうことであるかということが分かるためには、聖母マリアを見つめる必要があると思います。

マリアは天使が伝えた神の言葉を受け入れて、 “待降節第4主日C年 (ルカ1,39-45)” の続きを読む

Please follow and like us:

お知らせ 待降節第3主日 2018年12月16日

〇 主任司祭の冬休みのお知らせ

主任司祭ボクダン師が、1月7日(月)から、1月14日(月)まで、休みのために不在となります。ミサはアントニー師様が担当します。

〇 主のご降誕祭

夜半のミサ: 12月24日(月) 午後 7時30分 (日本語)
当日のミサ: 12月25日(火) 午前 10時 (日本語)

〇 新年ミサ(神の母聖マリア)

12月31日(月) 午後7時 (ポルトガル語)
1月 1日(火) 午前 10時(日本語)

 

 

Please follow and like us:

待降節第3主日C年 (ルカ3,10-18)

「民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。」ルカ3,15

  民衆はメシアを待ち望んでいたのに、メシア・救い主が実際に来られたとき、彼を喜んで迎え入れたのではなく、「十字架につけろ」と叫んで、ローマの兵士の手によって殺してしまったのです。それは、非常に悲劇的なことでしたが、私たちの人生においても、同じようなことが起こっていないでしょうか。

  人間は、それをはっきり意識していなくても、誰かに意図的に接しようとしているとき、必ずこの人に関して何か期待を持っているものなのです。非常に多くの場合、 “待降節第3主日C年 (ルカ3,10-18)” の続きを読む

Please follow and like us:

お知らせ 待降節第2主日 2018年12月9日

◎ 待降節の黙想会

12 月 9 日(日)に待降節の黙想会を行います。

プログラム:

9:15 共同回心式の祈りとゆるしの秘跡(個別告白と個別赦免)

 聴罪司祭:アントニー神父、マーティン神父

9:30 ミサ

11:00 講話

    講師:ボクダン神父

12:00 昼食

〇 主のご降誕祭

夜半のミサ: 12月24日(月) 午後 7時30分 (日本語)

当日のミサ: 12月25日(火) 午前 10時 (日本語)

〇 新年ミサ(神の母聖マリア)

12月31日(月) 午後7時 (ポルトガル語)

 1月 1日(火) 午前 10時(日本語)

 

Please follow and like us: