お知らせ 2019年3月3日

◎ 灰の水曜日

今年の灰の水曜日は3月6日(水)、ミサは10:00(大聖堂)です(7時のミサはありません)。
この日から四旬節に入ります。償いのしるしとして大斎小斎をお守りください。

◎ 十字架の道行きの祈り

四旬節の間、毎週日曜日、ミサ後に十字架道行きの祈りが行われます。どうぞご参加ください。

◎ 評議会

本日、3月3日(日)11:00より、カトリック館2階のA教室にて評議会を行います。評議員の皆様はお集まりください。

◎ 四旬節の黙想会

3月17日、9時15分より四旬節の黙想会が行われます。
テーマ:「気を落とさずに絶えず祈らなければならない」
指導者:ジェブーラ・エウゲニウス神父様
詳細は、ポスターをご覧ください。

Please follow and like us:

年間第8主日C年 (ルカ6,39-45)

「善い人は良いものを入れた心の倉から良いものを出し、悪い人は悪いものを入れた倉から悪いものを出す。人の口は、心からあふれ出ることを語るのである。」ルカ6,45

誰しも、ゆるしの秘跡を受ける際に、または、他の機会に、自分の生き方を正す決心、つまり、悪い行いを止めて、良いことをする決心をしたことがあるのではないかと思います。そうだったならば、この決心を実現して、自分の生き方を本当に正すことができたでしょうか。おそらく、しばらくの間は、前よりも正しく生きることができたとしても、結果的に前の生き方、前の過ちや罪や怠りに、戻ってしまったのではないでしょうか。

イエス・キリストが教えてくださる通りに、本当の問題、 “年間第8主日C年 (ルカ6,39-45)” の続きを読む

Please follow and like us:

お知らせ 2019年2月24日

〇 古枝をお持ちください

灰の水曜日のミサの際の回心のしるしとして受ける灰を作るために、昨年の枝の主日にお持ちになりました棕櫚の古枝を、3月3日(日)までに
ホールにある箱にお入れください。
尚、今年の灰の水曜日は3月6日(水)、ミサは10:00(大聖堂)です。この日から四旬節に入ります。償いのしるしとして大斎小斎をお守りください。

◎ 24h聖体礼拝

毎月第1土曜日に午前9時半のミサの後から、翌日9時15分まで、安城教会の小聖堂にて、聖体礼拝を行っています。
次回は、3月2日になりますので、どうぞご参加ください。

◎ 評議会

3月3日(日)11:00より、カトリック館2階のA教室にて評議会を行います。評議員の皆様はお集まりください。

Please follow and like us:

年間第7主日C年 (ルカ6,27-38)

「しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。」ルカ6,35

誰かを愛するとは、その人のことを好きだと感じることだと思う人にとって、敵を愛することは不可能であるだけではなく、ご自分の弟子たちに敵を愛することを要求しておられるイエスは、非現実的な人間、世間をまったく知らない人間に見えるかもしれません。

しかし、イエスが言っている愛とは、感情のことではなく、 “年間第7主日C年 (ルカ6,27-38)” の続きを読む

Please follow and like us:

お知らせ 2019年2月17日

〇 典礼委員会

2月22日(金)に19時から典礼委員会を行います。委員の皆様はお集まりください。

〇 古枝をお持ちください

灰の水曜日のミサの際の回心のしるしとして受ける灰を作るために、昨年の枝の主日にお持ちになりました棕櫚の古枝を、3月3日(日)までに
ホールにある箱にお入れください。
尚、今年の灰の水曜日は3月6日(水)、ミサは10:00(大聖堂)です。

Please follow and like us:

年間第6主日C年 (ルカ6,17.20-26)

「この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。」1コリ15,19

 キリスト者であるならば、私たちの創造主であり父である神が、真の幸福、しかも永遠に続く幸福の唯一の源であるということと、神はこの幸福をすべての人に、恵みとして与えてくださるということを知っているはずです。また、幸せに生きるために何よりも必要なのは、 “年間第6主日C年 (ルカ6,17.20-26)” の続きを読む

Please follow and like us: