年間第29主日B年 (マコ10,35-45)

「憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではありませんか。」ヘブ4,16

人間は何かの素晴らしい体験をして喜びで満たされたら、自然にこの体験を他の人に知らせたい、なるべく多くの人がこの喜びにあずかって欲しいと望むでしょう。そして、この望み通りに自分の喜びを他の人と分かち合うならば、この喜びが弱くなるどころか、ますます大きくなるのではないでしょうか。

キリスト者である私たちは、 “年間第29主日B年 (マコ10,35-45)” の続きを読む

Please follow and like us:
error

お知らせ 年間第28主日 2018年10月14日

◎ インドネシアでの地震、津波被害者のための支援

9月28日に発生したインドネシアのスラウェシ島中部での地震と津波被害者支援のために祈りと募金のご協力をお願いいたします。

〇 奇蹟のキリストの行列

10 月 28 日(日) 12:30~13:30教会の駐車場でペルー祭・「奇蹟のキリストの行列」を行います。

◎ 安城教会の亡くなられた信徒と先祖のための祈り

11月4日(日)当教会の亡くなられた信徒と信者の皆様の先祖のために祈りをおささげいたしましょう。

用意された用紙に死者の名前を書いて、聖堂の後ろの台においてある箱に入れてください。

◎ 世界宣教特別献金の日

来週(10月21日)は、世界宣教特別献金の日です。聖堂入口に献金箱を設置します。ご協力をお願いいたします。

 

Please follow and like us:
error

年間第28主日B年 (マコ10,17-30)

「イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。『善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。』」マコ10,17

宇宙万物を創造してくださった神は、すべての人の救いを求めておられます。つまり、神はすべての人々に永遠の命を与えたいと望んでおられます。ですから、永遠の命を受け継いで、最高に幸せになることこそが、私たちの存在の目的であり、その意義であると言えるのです。従って、永遠の命や幸福を追求することは、人間にとって本能的なものであり、一番大切なことなのです。

けれども、人間は永遠の命や幸福を求めても、 “年間第28主日B年 (マコ10,17-30)” の続きを読む

Please follow and like us:
error

お知らせ 年間第27主日 2018年10月7日

◎ 評議会

10月7日(日)11:00より、カトリック館2階のA教室にて評議会を行います。評議員の皆様はお集まりください。

◎ インドネシア支援献金のお願い

2018年9月28日、インドネシア中部スラウェシ島で発生したマグニチュード(M)7.5の地震が発生。1,400人以上もの命が奪われ、2,500人以上の負傷者が出ていることが確認されています。(インドネシア国家防災庁10月3日発表)人々の暮らしが根付いた多くの家屋が破壊されただけではなく、その後も津波、余震が続き、何千もの家族が、行く当てもなく、生き延びるために格闘しています。

ミカエル松浦悟郎司教様の呼びかけに応えて、今日から安城教会で、インドネシア支援募金をしたいと思います。ご協力お願いします。

〇 奇蹟のキリストの行列

  10 月 28 日(日) 12:30~13:30教会の駐車場でペルー祭・「奇蹟のキリストの行列」を行います。

 

Please follow and like us:
error

年間第27主日B年 (マコ10,2-16)

「神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」マコ10,9

十数年前に台湾にいた時に、昔の中国では、「三位一体」のことを「三私一愛」というように書いたという話を聞きました。この表現は非常に気に入りました。なぜかと言うとこの表現は、三位一体の神の神秘の一番重要なところを表していると思ったからです。御父と御子と聖霊という三位(三つのペルソナ)は、互いに完全に愛しておられる、つまり互いに与え合い、互いに受け入れ合うために完全に一つの愛として、一体となっているわけです。

三位一体の神秘は、私たちに愛について大事なことを教えています。つまり、 “年間第27主日B年 (マコ10,2-16)” の続きを読む

Please follow and like us:
error