主の洗礼(A年)

「今は、止めないでほしい。正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです。」マタ3,15

人類の歴史、特にイスラエル人の歴史が示している通りに、人間は、自分の力だけでは神の愛に愛を以て応えることができないのです。結果として、人間は神との一致という自分の存在の目的に達することができないわけです。 神が御ひとり子をそのような人々のところにお遣わしになったのは、彼が人間になって、つまり人間性を受け入れることによってすべての人と結ばれ、全人類の名によって、罪の暗闇の中から神の愛に愛を以て応えるためなのです。これによって神と人類との間の和解が実現されること、つまり永遠に続く新しい契約が結ばれることが、計画されていたのです。

同時にイエスが、神の愛に忠実に生きることによって、あらゆる罪を赦すことのできる神の愛、また、人間をあらゆる罪の奴隷状態から解放することのできる神の愛を、すべての人々に現すことを神は望まれましたので、イエスが洗礼者ヨハネから悔い改めの洗礼を受けた瞬間は、神がイエスを罪人の手に引き渡す瞬間でもあったと言えます。

イエスにとって洗礼を受けることは、この使命を果たすために、全人類の罪の結果を受け入れなければならないということ、それから預言者イザヤが預言した通りに、罪人の手の中に苦しむ僕(しもべ)にならなければならないということを、はっきりと意識しながらこの使命を受け入れる瞬間であったとも言えるのです。この意味で水の洗礼は、血の洗礼、つまり十字架の死を先取りしているわけです。

イエスがご自分の命を掛けて成し遂げてくださった救いの業を感謝し、イエスが現わしてくださった神の愛に信頼しながら、イエスの模範と助けに支えられて、父である神から与えられた使命を果たすことによって、神の心に適う人となり、神の愛と命にあずかることができますように祈りましょう。

Please follow and like us:
error

コメントを残す