待降節第4主日A年 (マタ1,18-24)

 「夫ヨセフは正しい人であった。」マタ1,19

順境の時に、他の人に対して丁寧な態度をとり、正しいと思うような行動をとるのは割合に簡単なことですが、大きな問題や困難に直面している時には、それは随分難しくなります。けれども、私たちは、順境においてよりも逆境において、より正確に自分が本当に正しい人であるかどうかが分かります。なぜなら、その時には私たちの心の真の思いや望みによって動かされていることがよくあるからです。

聖ヨセフは本当に正しい人でした。彼は順境においても、逆境においても、正しいことを求めてそれを行いました。自分の花嫁となるマリアが妊娠しているという事実を知ったヨセフが、マリアに裏切られたと思っても当然のことでしょう。当時の法律によって、傷つけられた自分の名誉を回復するために、ヨセフにはマリアを石で打ち殺す権利がありました。けれども、ヨセフは自分の名誉ではなく、マリアの善を優先して考えましたので、自分の評判が悪くなっても、マリアを自由な身とするために離縁することにしたのです。

ヨセフがどんな状況においても正しいことができたのは、神を固く信頼していたからです。いつも一緒にいてくださる神こそ、自分を守り助けてくださると確信していたので、自分で自分を守る必要がない、ただ正しいこと、つまり神が示してくださることを行えば十分だと信じていたわけです。

このように神を信頼していたヨセフは、逆に神に信頼されました。神は彼にご自分の子であるイエスとイエスの母マリアのことを任せて、彼らを守り世話する使命を与えてくださいました。それによってヨセフは、救い主の協力者になったと同時に、イエスと共に生きることによって救いにあずかるようになったのです。

さて、私たちはヨセフに倣って、どんな状況においても神を信頼して、私たちのもとに来られるイエスを受け入れることによって、神の国の平和と喜びにあずかることができますように祈りましょう。

Please follow and like us:

コメントを残す