年間第25主日C年 (ルカ16,1-13)

「ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。」ルカ16,10

人間の財産や富というのは、必ずしもお金のことではありません。人によってそれは体力や体そのものであったり、いろいろな才能、能力、経験や学歴であったり、仕事や社会的な地位、また、いろいろな人間関係などのようなものであったりします。あなたの財産や富は、何でしょうか。また、あなたはそれをどのように、何のために用いているのでしょうか。

多くの人は、自分の財産や富が自分のもの、例えば自分が働いて手に入れたものですので、それを好きなように使う権利があると考えているようです。このような考えに従って、自分の富を自分のためにだけ利用する人は、そんなつもりがなくても、いつの間にか自分の富に仕えるようになって、この富によって支配され、場合によっては滅ぼされることさえあるのです。

イエス・キリストが私たちに教えているのは、私たちが持っているすべての富は、この世界を創造してくださった神からいただいたものであるということです。従って、神こそが、私たちが持っている財産や富の本当の所有者であって、私たちは、その富の管理者にすぎないわけです。神がこの賜物を何らかの目的のために与えてくださったので、自分の財産や富の最も賢明な扱い方というのは、それを私たちに委ねた神の意向に従って管理することなのです。最終的に、神は私たちのために、私たちが愛に生き、私たちが愛において成長することのみを求めておられますので、任されている財産を神の望みに従って使うとは、それを自分のためにだけではなく、他の人のためにも用いるということなのです。

イエス・キリストは、このように教えただけではなく、ご自身が正にその通りに生きておられたのです。実際に、イエスはこのように生きられたからこそ、完全な人になり、すべての人のための救いの源になられたのです。

イエスの模範と力に支えられて、私たちは世界の常識に逆らって、自分の財産を父である神の望みに従って管理することができますように。そしてそれによって私たちが生かされるだけではなく、私たちが出会う多くの人々も生かされますように祈りましょう。

 

Please follow and like us:
error

コメントを残す