年間第14主日C年 (ルカ10,1-9)

「主はほかに七十二人を任命し、ご自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。」ルカ10,1

父である神は、すべての人々を愛しておられるがゆえに、すべての人の救い、すなわち、すべての人々が愛をもって神の愛に応えて、神との愛の交わりの内に永遠に生きることを、求めておられます。この望みを実現するために、御ひとり子をこの世に遣わしてくださいましたが、その前に、ご自分のわざと預言者たちの活動を通して、救い主の到来を準備してくださったのです。

イエス・キリストは、このような神の働きに倣って、ご自分が行く予定のところに、ご自分の弟子を遣わして、救い主と出会うために最終的な準備をさせました。その際、イエスは弟子たちの働きの主な内容を教えてくださいました。それは、遣わされた先の人々のために平和を願うこと、その所の病人を癒すこと、「神の国が近づいた」と宣べ伝えることでした。

真の平和とは、すべての人々が心の奥深いところで求めている完全な幸福ですので、人のために平和を願うとは、実際にこの人のために最高の幸福を求めることなのです。病人を癒すことは、隣人への愛の実践の一つの例です。そして、「神の国」つまり「神の支配」を受け入れることは、神の愛の交わりへの招きを受け入れることです。

人間は、神や他の人との正しい関係に生きるとき、つまり神や他の人と愛の絆によって結ばれているときだけ、真の幸せを味わうことができますので、「病人を癒す」ことと、「神の国を宣べ伝える」ことは、真の平和への道を示すことであり、真の平和を実現することなのです。

確かに、神と隣人への愛に生きることは、時に、難しいか、時に、まったく不可能に見えることもあるでしょうが、イエス・キリストがご自分の死と復活によって、神と隣人への愛に生きることだけではなく、敵に対する愛に生きることさえ可能にしてくださったのです。

洗礼を受けて、イエスの弟子となった私たちも、七十二人の弟子と同じように、すべての人々のために平和を願って、愛に生きることによってそれを実現するように呼ばれています。私たちはイエス・キリストが与えてくださる愛の力によってこの使命を果たしながら、イエスとの交わりを深めることができますように。そして、愛に生き、平和を実現する人々がますます増えますように祈りましょう。

 

 

Please follow and like us:
error

コメントを残す