待降節第3主日C年 (ルカ3,10-18)

「民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。」ルカ3,15

  民衆はメシアを待ち望んでいたのに、メシア・救い主が実際に来られたとき、彼を喜んで迎え入れたのではなく、「十字架につけろ」と叫んで、ローマの兵士の手によって殺してしまったのです。それは、非常に悲劇的なことでしたが、私たちの人生においても、同じようなことが起こっていないでしょうか。

  人間は、それをはっきり意識していなくても、誰かに意図的に接しようとしているとき、必ずこの人に関して何か期待を持っているものなのです。非常に多くの場合、この期待は出会った人自身や、この人との出会いを評価する基準になっています。この人が、私たちの期待通りに話したり、期待通りに振る舞ったりしたならば、私たちは満足や喜びを感じて、この人を高く評価します。しかし、客観的にこの人が私たちに良いことをしても、それが私たちの期待したことでないならば、がっかりしますし、この人やこの人がしてくれた良いことを受け入れることができないだけではなく、この人を非難したり攻撃したりすることさえあります。このような精神の働きに従って、当時の人々がイエスを排斥してしまったのは、イエスが悪いことをしたからではなく、この人たちがメシアに対して持っていた期待にイエスが応えず、彼らの思う通りには振る舞わなかったからなのです。

  私たちは、この人たちと同じような過ちを犯さないよう、キリストを迎え入れる準備のために与えられている待降節の後半を生かし、自分の心を支配しているいろいろな思い込みや勝手な期待、また、余計な執着や拘り等を手放して、私たちのために最善のことを求め最善のことを行ってくださるイエス・キリストを、ありのままに受け入れることができますように祈りましょう。

Please follow and like us:
error

コメントを残す