年間第19主日B年 (ヨハ6,41-51) 

「イエスは言われた。『わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。』」ヨハ6,51

もし、イエスがナザレの人々の考えたように、ただのヨセフの息子であったならば、イエスの言葉を、全く現実から離れた人が語ったものや人々を惑わせようとした人の話として、それを無視してしまった方がいいと思います。けれども、イエスは自分自身が語ったように、ヨセフの子ではなく、宇宙万物を創ってくださった神の子であって、この神である父によって遣わされた方であるならば、イエスが語られた言葉は非現実的なものではなく、今まで私たちの現実になかったような新しい可能性を現すものとして聞くべきであると思います。

この新しい可能性というのは、永遠の命なのです。しかし、この永遠の命というのは、ただいつまでも今のまま生きるということではなく、イエスと同じように神の子どもとして、神と共に愛の交わりの内に生きるということなのです。

この可能性を実現させるために、イエスが私たちをご自分の体と血によって、要するに、ご自分の命によって養ってくださいます。普段、人は何かを食べるなら、そのものが自分の体の一部になりますが、イエスが下さる命のパンを食べる人は、そのパン、つまりイエスの体の一部になっていきます。そのため私たちは、イエスを信じて正しい心を持ってご聖体を受け入れるならば、私たち自身が少しずつ変えられ、イエスを通して父である神と結ばれ、父である神とのますます深い交わりに生きるようになり、最終的にイエスと同じように、父である神ご自身と一体になるのです。

 

Please follow and like us:

コメントを残す