安城教会へようこそ

安城教会は、ミサ・教会活動ともに複数の言語に対応する国際交流が活発な教会です。

1972年、愛知県知立市にて創立された当教会は、1989年に現在の安城市住吉町へと移転しました。聖堂・小聖堂、信徒ホールや勉強部屋などが備わった、信者たちの交流・教会活動の場となっています。

また、当地は名鉄新安城駅から徒歩約10分程、立地や交通の便にも恵まれ、日本人だけでなく多国籍の信者が集う教会となっています。そのため滞日外国人が母国語でミサに参加するよう、ポルトガル語、英語、フィリピン語、スペイン語のミサも行われています。

1989年から、安城教会で、1200名以上の方が洗礼を受けました。その内、日本人は、約300人、ブラジル人は、約750人、フィリピン人は、約80人、ペール人は、約30人です。

現在では在籍信者数は500人超えていますが、正式的に籍を入れていない外国の国籍の信徒200人以上が定期的にミサに参加し、様々な活動に関わっています。

Please follow and like us:
error

コメントを残す